最北へ

ボク以外の家族は行ったことのなかった道北を見せようと北へ。ウチからは約350キロありますが運転の時間は朝出て

午後早く着くぐらい、信号もとても少ないのでそれほど苦ではありません。まずは秘境駅の中でもボクは一番だとおもう糠南駅。駅舎のヨド物置が最高です!

オロロンラインの手前、天塩川はまだ凍っていました。これなら竿を出せないので見るだけでも未練はありません。他の川もゆっくり湿原を流れる川はかなり凍っていました。さすが北海道。

雪の天気予報が外れてこの時だけは晴れ!利尻は下の方しか見えなかったけどこの広大さを味わえただけでも来てよかった!

稚内北防波堤ドーム。80年以上前のデザインとは思えないモダンさ。実は外はかなりの吹雪だったのです。

最果てのドナルド。雪のブランケットを掛けてます。

宗谷丘陵への道が冬季閉鎖で諦めていたけど、最北のガソリンスタンドで道を教えてもらい行けました!多くの風車とこの周氷河地形を見せたかったのです。

もちろんベタな宗谷岬へも。氷点下2度。風が冷たいけどさすがに春を感じました。

どこも吹き溜まりでなかなかたどり着けなかったエサヌカ。雪が降るとこんな感じなんだ!

最後もベタな紋別のカニ。

今回は観光旅行。氷結した河川、吹き溜まりの直線道路など、今の季節はこうなっているのか!という発見がありました。家族も北海道の広さは感じることができたかな・・

 

Categories:

シーズンの締めはモアン山

モアン山はスノーシューマラソン大会が開かれていて、駆け抜けるランナーの中、清里応援団・・?の東京のデザイナーさん、ライターさん、カメラマンさん、大学の先生たちと大雪原を堪能。

日本の中心部で活躍されている皆さんに北海道の雄大さを感じてもらえました。ちょっとつらかったかもしれませんが、感性を刺激するもの、あったかな・・?

これにて冬のツアーは終了。今シーズンは流氷バッチリ、天気も良く、新コースのモアン山も楽しくて充実したツアーができました。今日から宿も休館。再開はGW前からですが、日曜大工、掃除に片付け、事務仕事、そしてなにより遊びと楽しく忙しい日々になりそうです。

スノーシューツアーウィーク最終週

冬のスノーシューツアーも終盤。まずは知床のガイド屋pikkiさん2人と裏摩周~神の湖池間の林道調査へ。まず旧裏摩周へ行く途中の稜線上、いきなり雪面陥没!落ち込む若月さん。穴に手を入れるとホンワカ暖か。あちこちでたまにあるのですが、暖気がどこかからか出ているようです。さすがカルデラ。

ここってたぶん昔の林道だよね?という雰囲気の樹々の間をひたすら2時間以上歩きます。もちろん誰もいません。静寂。

およそ1時間で神の子池から続く、しかし途中で崩落しまくっている広い元林道にでました。さらにここから1時間・・

ようやく見慣れた神の子池へ着きました。雪のない時期にMTBで降りてみると楽しいと思いますが、倒木だらけで整備しなくちゃたぶん無理かな・・

次の日からは連続知床。流氷、まだいっぱいあります!オオワシもいっぱい。

宮城から卒業旅行で来られたNさん。この流氷がこの時期に見られてラッキーでした。

流氷と風を避けて丸まっているキタキツネ。この下にエゾシカの亡骸というご馳走があるようです。

象の鼻もまだこの風景。

フランスから来られたNさんたちと男の涙、象の鼻、フレペの滝に行くと行く先々でヒグマちゃんの足跡が・・これってさっき通ったばかりだよなぁ・・・

しかしクマはクマでもクマゲラ発見!これはラッキーでした。

フレペの滝下では落ちてしまったエゾシカをめぐってワシとカラスが宴会中・・

その上ではまたまたヒグマちゃんのレアな足跡が・・降りようと思って断念したんだね・・

次の日は知床五湖へ。Nさんたちは知床の動物や森を興味深く見て感じていたようです。よかった!

 

 

 

初物

羅臼の流氷を見に行った帰り、川の下流でちょっとルアーを投げてみました。しかし寒い!風は無くても氷点下3℃。数回キャストするとたちまちラインとガイドが凍りつきます。

数回投げると、45センチほどのアメマスが釣れました。このアメマスは時期的に少し痩せていて、アタリも小さく、釣られても「なんだよ~」という落ち着いた顔をしていました。でも今年の初トラウト。昨年の台風の影響が心配ですが、幸先の良いスタートがきれました。

 

羅臼の流氷

根室海峡(野付水道ともいいます)にかなり流氷が流れ込んでいるという情報で羅臼方面へ行ってきました。根北峠から標津に下りる直線道路の逃げ水の先が流氷でビッシリ!これほど南下しているのを見たのは初めてです。

オオワシ、流氷、国後島。羅臼の流氷はウトロ側とはかなり違い、沖合の流氷が知床半島の南側に流れ込むので、氷がキレイで雪があまり積もっていないので角張っていてシャープな感じ。開氷面もあるのでコントラストもいい感じです。

羅臼町の展望台からの眺め。絶景です。

夕方、標津付近からの雲に浮かぶ知床連山。いつも見ているのと反対側からなので山も裏側。でも羅臼岳はどこから見ても羅臼岳。目印になる山というのも親しみやすいいい山です。

晴天の風景

今年は大荒れになる日がほとんどなく穏やかな日が続いています。今日もあまりにも気持ちのいい快晴なので、どこか景色のいいところに行こう、と思ったけど、ここが一番いいじゃん、と我に返っていつものところから写真撮影。ただカメラのオートモードでシャッターを押すだけですが、宿WebのTOPページに出せる写真が撮れました。宿から見える流氷も行ったり来たり。さて今日はこれからラジオ深夜便の最終回。卒業の安堵感もあり、ちょっと寂しくもあります。2年間の出演でしたが、NHKのラジオで喋る緊張感はとても勉強もなりました。

ここも絶景

連日、絶景の中にいると夢の中にいることが当たり前のような感覚になっていきます。連日ツアーの最後は標高1000㍍の藻琴山へ。

雪のない時期はハイマツのトンネルで展望のないここも冬はこれです!

屈斜路湖、阿寒の山々、知床、流氷のオホーツク海。出来過ぎてるなぁ~

北海道の冬山。開放感の中、緊張感も忘れてはいけない・・

ようやく湖の水が冷えて全面結氷した屈斜路湖。釣りができるのはいつからだろう・・

手軽、とはいえ、そこは山。ちょっと大変、それなのに最高の充実感。

もうちょっとで再接岸なんだけどなぁ~

大斜面を一気降り。ちょっと緊張、かなりの開放。

日焼けに春を感じる冬のスノーシューツアーもそろそろ終盤。

知床の森へ

曇天、今日は流氷と森と動物へ。ちょっと贅沢すぎるほど多様に楽しめる東オホーツク。

オオワシたちは少なくなってきた流氷の上で食べ物を探します。

象の鼻からの眺めは毎回違う表情。

まったりと松の木の下で。

この日のハイライトはクマゲラ。重厚感のあるコンコン音。びっくりしたような目。会えて良かった。さすが知床。

 

清里の山を歩く

スノーシューさえあれば登山道が無い山でも「あそこに登ってみよう!」ができます。快晴の中、地元のエトンビ山へ。

ひたすら登ります。3時間登ります。誰もいません、ラッセル、キツイです。

途中、立ち枯れしたトド松が月日を感じさせ、

サルオガゼが空気の透明度を表します。

もうすぐ稜線。

視界が急に開けます。辛い登りが報われる瞬間。

オホーツク海、知床、斜里岳他パノラマの展望。

山頂から屈斜路湖を望む。

オオワシ

網走の沖にはまだ真っ白な流氷帯が広がっていました。戻って来ないかな・・

ひたすら登りの山は下りは一気降り。半分の時間で降りられます。

清里ストレートロードを下って出発点へ。充実感、風景とも最高でした。

 

北海道を歩く

こんな牧場の真ん中を歩かせていただき感謝感激です。モアン山コース。

ちょっとした急な下りもあります。ビビる顔を見ているのもちょっと意地悪だけど面白い!

都会ではありえない、しかし子供の頃は怖いけど挑戦!ってありましたよね~。

青空に向かいどこまで登るのか・・

北根室ランチウェイの看板と木製の柵。景観に溶け込み、主張せずしかしわかりやすい素晴らしいものです。

目指すべき山。登って下って。

雄大、青空、大地。根釧原野と摩周、阿寒の山々を望む。