満足の一匹

今日クリーンヒットしたカラフトマスは久しぶりの大物のオス。いかにも美味しそうな魚体で強い引きを楽しめました。ここはウトロに近い川の河口の有名ポイントですがホント魚が少ない・・前回同様、近くに回遊してきたワンチャンスをものにできたのは幸運でした。

場所を変えてホームグランドへ。しかしここでも魚が少なく夕方までねばってやっと一匹ゲットしたのみ。このままカラフトマスは終了しサケの季節になってしまうのか・・釣り人もいないのでキタキツネも近くにやってきてM名人と心の会話を楽しんでいます。空にはオジロワシ、海にはウミウ、後ろにはヒグマが出そうな気配ですが少しの緊張を持って野生を実感できる知床はいいものです。

初物!

こちらはもう秋、釣りの季節がきました。まずはカラフトマス。サケよりも小型ながらスピードがありルアーやフライを攻撃してくることの多いファイター。そして食べて美味しい!多くの釣り人を魅了するこの魚、川で生まれて海に下り、2年後に戻ってくるので一般的に豊漁、不漁を年ごとに繰り返します。昨年が豊漁だったので今年は厳しいかなと思っていたらやはり・・いつもは波打ち際で姿がどこかに見えるのに全くいません。岸に寄ってくるのが早朝が多く、ボクは昼前後しか釣りに行けないのでさらに見られないのですが、それにしても少ない・・サケマスの観覧場所である遠音別川でもとても少ない状況でした。そんな中、とある川の流れ込みで1時間ほど魚を探し、あきらめて帰ろうと思っていたらすぐ近くに数匹の魚影を発見!魚の5メートルぐらい向うにルアーを投げてゆっくり引くとコンコン、ガツンとヒット。大事にやり取りして釣りあげました。嬉しい今年の初物です。これから何度も知床の浜へ通う予定ですが、たぶん苦戦するでしょう・・

麦草ロールの季節

宿の前に最後に残っていた麦も収穫が終わり北海道名物ともいえる麦草ロールが作られています。今日は昼でも22~3℃と涼しく天気も良く「秋晴れ」のような気候でしたが、本州は40℃近くまで上がっているのですね。北海道に住めばいいのに!とおもうような一日でした。

身を守る術

玄関横の小石の上で風に耐え鳴いていたコエゾゼミ。この直後カラスが2羽すぐ近くに降りてきたけど、鳴かずにじっとしていてやりすごしました。見つかったらすぐに食べられていたでしょう。微動だにせず石に化ける。一つの護身術を見ることができました。ちなみに数日前にはスズメがセミを捕食していました!

乱高下

一昨日まで連日30℃以上で暑い暑いと言っていたのに今日お昼の気温は13.9℃。お客さんの中には部屋で暖房をつけている方もいます。天気は曇ったりザーッと雨が落ちてきたりと不安定。さてこれでも暑い夏は終わってしまうのか、再び来るのか楽しみでもあります。

 

アメリカのモンスター

ドラッグレースをやっている奈良のMさんのダッジ・チャレンジャー。GTRキラーと言われている改造度合いも凄いけど、タイヤハウス内や下回りに溶けたタイヤのカスがびっしりこびりついているのが凄い。さらにこれをファミリーカーとして使っているのも凄い!そして意外に燃費がいいのも素晴らしい。(ヴォクシーとそんなかわらないじゃん・・)最近のアメ車も進化していることを感じさせる車でした。

本日の天の川

今日も異常な暑さでこの時もまだ23℃もありました。空は少しモヤがかかっている感じですが天の川はキレイに見えています。もう少し天気が例年のようになってくればもっと晴れ渡ると思うので期待したいと思います。・・月が出てきちゃうかな・・?

3輪

秋田のTさんのサイドカー、といってもバイクは一応カワサキ、エリミネーター900?をフレームから変更。それもほとんどワンオフ物(特注)。とくにフロントタイヤはフロントフォークではなく本体フレームから延ばしてサスに。タイヤも4輪のものを流用し、もはやサイドカー付きバイクではなく3輪車となっています。バイクもこういう使い方・?遊び方・・?があるのですね。珍しいものを見せていただきました。

本日の天の川

玄関を出てしばらくすると目が暗さに順応してきて斜里岳の右側に天の川が見えるようになってきます。右側の明るい星はたぶん木星。日中30℃を超えた気温も21時には21℃まで下がってきました。今日からついに真夏の天気となりましたが夜の涼しい星空の下で流れ星や人工衛星、そして天の川を見るのは至福の時間です。

山の今

昨日はお客さんを見送った後、斜里岳パトロールへ。ピンテープの道標も間違えやすいところだけでなく間隔や見やすさ、そして景観上うるさくない程度に考慮して付けているのですが、このように親切心からか?勝手に付けてそのままにしてしまう人も多いのでこれを除去することも仕事です。そして登山道上に張り出した枝を切りながら、ゴミを拾いながら、コース上に不具合などが無いか、登山者は無事に下山できそうかなどを見ながら登っていきます。

羽衣の滝の看板が無くなっている!なんでだろう・・?また製作と付ける段取りをしなくてはなりません。

ちょっと見づらいけど珍しいヒグマの足跡。登山道は人が多くて嫌なのか横の沢に入って行った様子。

例年よりひと月ぐらい早くミヤマダイモンジソウが咲いていました。

標高が上がってくるとチシマノキンバイソウ他、花々が出迎えてくれます。

チシマフウロウ・・トカチフウロウ・・?

斜度のきつい斜里岳は暑いと特に堪えます。風の当たらない、しかし日差しの強いところは忍耐!

山頂直下の崖にはミヤマオダマキとチシマギキョウがへばりつくように咲いていました。

夏のいつもの気候。オホーツク海側は晴れ。太平洋側は曇りと霧。知床半島も南側はすべて雲の下。峠は濃霧だということがよくわかります。

山頂は晴れなれど左側は濃霧です。

我が家を見ながらゆっくり下山。斜里岳はやっぱりオンリーワンでハードな山ですね。登られるときはどんな山なのか事前によく調べてからチャレンジしてくださいね。