やっと晴れました!

ここまで曇りの続いた8月は無かったと感じるほどだったのですが、ついに晴れました。昨晩は天の川、流れ星、人工衛星もよく見えて、皆でしばらく夜空に感動。気温はかなり低めだけどこんな夏もまた北海道らしいといえばそうでしょうか。こういった涼しく爽やかな晴れが続くことを願うばかりです。

今でも斬新

今年も来ていただいた東京のYさんの1100カタナ。やはりカッコイイ!ここ数年、往年の名車で来られる方がめっきり少なくなり寂しいかぎりですが、皆さんきっとガレージの奥にそっと大事に仕舞っているのでしょう。(ボクもか・・)でもバイクって基本はホント何十年も変わっていないですね。それだけ完成された乗り物なのでしょう。

噂の車

会社員時代の同僚の神奈川H氏が乗ってきたレンタカー。これが噂のガソリンエンジンで発電してモーターで走る日産ノートeパワー。プリウスのようなハイブリッドではなくエンジンはあくまで発電だけ。試乗させてもらいましたが、実にうまく出来ていて普通に走ったらモーターで走っているとはわからないぐらい。モーターはリーフと同じものらしいですが、出だしの加速が凄い!というか音もなく、シートに押し付けられるような加速でもなくそれなのにあっという間にスピードが出ている感覚なのです。モータは回りだしの初期トルクが一番強いといいますが、こういうことか!という感じで、荒いところもなくうまく制御されています。この車、EVといっていいのかわかりませんが、純粋なEVへの移行期の車として技術の進歩を味わうのにいい車でしょう。実燃費はリッター20キロぐらいのようです。売れているのがわかりました。やるじゃん、日産!

一望・雨の場所

ここ数日はっきしない天候が続いています。そしてそのはっきりしない天気がはっきりわかるのが北海道。ちょっと郊外へ行けば「あそこが雨、降っているな」という地域が見通せます。これはバイクや自転車の旅人にとって、雨に入る前にカッパを着られるということもできるのです。しかしそろそろはっきりした天気になってほしいものです。

夕映えと小麦

お客さんからの「夕焼けが凄くきれいです!」という声で外に出ると雲の間から太陽が紅くなって現れ沈んでいきました。小麦もすっかり小麦色。刈り入れももうすぐです。

ホントに大雨になるのかな・?

緑は豊か、小麦はもうすぐ収穫の小麦色、ここ数日は爽やかで晴天の「これぞ北海道!」という気候が続いています。バイクの方も自転車、車の方も皆、大満足。そして明日の予報は久しぶりの大雨。東京の半分ちょっとしか年間降水量のないここでは珍しい予報。お客さんもキャンセルや日程変更など慌ただしいようですが、さてどのような天候になるか・・・

結局ちょっと雨が降っただけでした・・

清里の中学生は斜里岳へ登るのだ!

今年もやってきました、清里中学校1年生の斜里岳登山。東オホーツクガイド協会でガイドを受けて35人ほどの生徒を4班に分けて登ります。登頂はしない班もあるけれど無理しない範囲で皆挑戦。ボクの受け持ちは一番慎重に登る班で、途中までの沢歩きと原生林ハイキングをしました。30℃という暑い中、じゃぶじゃぶ水に入りながら皆、楽しみました。私たちも子供たちの元気な顔にも疲れた顔にも元気がもらえるようです。

花めぐり斜里岳

昨日は斜里岳へ。登山道の状況を見に行かねばならないという使命感、そして宿引きこもりの体に喝を入れるべく出発・・・しかし霧雨で真っ白、何も見えません。しかしこういうときは山頂は意外と晴れているもの、また晴れていなくても高山植物が出迎えてくれるので気持ちは晴れやかです。

例年よりさらに赤茶けているようにみえる沢の岩。鉄分の流出が多いのでしょう。寒いぐらい涼しく、上二股周辺は9℃しかありませんでした。

バクバクいう心臓に生きている実感を感じながら、チシマノキンバイソウが出迎えてくれます。

チシマフウロウ。今年は少し違うところにも生えていました。毎年少しづつ変わる植生、アメリカオニアザミなど迷惑な外来種もありますが・・

エゾツツジはちょっと元気なかったなぁ・・終盤か・・

なんだっけ・?たしか兄が弟を切ったという伝説から名付けられたハイオトギリ・・だったかな・・名前って忘れますよね・・

 

今年もありました。神社近くの白のハクサンチドリ。もう草葉の影で地味にようやく咲いている感じです。

ここはがれ場の急斜面。ムラサキに見えるのは・

ミヤマオダマキ。特に可憐に感じる花です。

チシマギキョウも岩にへばりついています。

チングルマはすでに総綿毛。

山頂までずっと霧と霧雨。晴れを待ちます。

山頂は16℃。上が暖かく、中間が寒いというこの日の気温。

一瞬の一面雲海。青すぎる青空。羅臼岳と硫黄山の山頂が見られました。そして良かったのはアマツバメの飛翔音が聞こえたこと。フォンと近くを何度も飛んでいました。なんか秋の空みたい。

帰路はまたまた霧の中へ。雲と花を感じる斜里岳登山。いい気分でした。

 

 

砂利でもなんとも

静岡からCBで来られたIさん。彼女は宿の浮いてしまった砂利の上を難なくササッと切り替えして駐車。出発のときも普通に砂利の上を安定した走りでシュッと発進。なんでそんなに運転というか扱いが上手いのか伺うと、家の駐車場が砂利で、かつ、元プロライダー(赤いカブで毎日走る人)だったのです。ちょっとホレボレする素敵さでした。

これも近頃の北海道

夕方になり少し涼しくなりました。・・・33℃。1時間前までは36℃・・連日30℃超えで湿度も高く、風は弱く「ここって東京?」というような日が続いています。宿の開業時にはエアコンなんて思いもしなかったけどそろそろ考え時かも。でも夜も暑くて眠れない、という日はこの16年で一晩だけだったので、その普段涼しい夜だけでも北海道をあじわってください。・・・夜も暑かったらゴメンナサイ・・