台風一過、宿休業

今回の台風はここオホーツク海側では冷たい雨台風。しかし過ぎ去った後は快晴となりました。こちらでは去った後でも曇りとなることも多いので、ここまでの晴れは特に嬉しいものです。標高300メートルぐらいから上は雪だったようで斜里岳はかなり真っ白。今年は初冠雪から冷え込みが続き、完全に解けたことがまだないのですが、今日からしばらく好天で気温も高そうなのでたぶん解けるでしょう。そして昨日から宿は休館。お客さんから「休みは何やってるの?」とよく聞かれますが、もちろんまずは遊ぶのです!そしてこの時期は宿、観光、ガイド業、イベントなどさまざまな会議の連続。大工仕事、薪割り、掃除、Webの更新など仕事も目白押し。ブログも楽しみにしていてください。

道具の力

タイヤ交換、道具の力は偉大です!東京のTさんからいただいた電動インパクトレンチが素晴らしく、今までボルトを緩めるのに苦労していたのがウソのよう。そして柄の長い専用のレンチも購入して「こんなにもタイヤ交換って楽だったんだ!」と感激です。これで好きなときに自分で交換できるのでまた一つ気持ちが楽になりました。

夏を感じる・虫

夕食の片付けをしていると網戸に「ブ~ン、シャッ」と飛んできたのがミヤマクワガタ。久しぶりに見る大型で6~7センチはありそう。よほど捕まえて見世物にしようかと思ったけど今回はそのままにしておきました。今日は最高気温が28℃まで上がりました。汗腺が閉じ気味になっている、暑さに弱い北海道人としては28℃でも猛暑・・・もう18年も暑い時期の関東に行っていないけど、もし行ったら・・倒れるだろうな・・・

1年半後、まだ足りません

今日は最高気温が7℃、霧。嫌なブヨもこれなら出ない薪収集のチャンス。車検から戻ってきた22万キロ走行の好調ヴォクシーで森の中まで入りチェーンソーで切って運びます。気持ちよく切っていると「ガキッ!」・・・あちゃぁ~・・薪の下に落ちていた金属のゴミを切ってしまい刃が・・・チェーンソーの刃は焼きが入っておらず軟らかいのですぐに切れなくなるのです。(でもその分すぐに研げるけど)さて明日は斧で割る作業。まだ1年半後のための燃料作りは終わりません。

1年半後の冬のために

斜里の知り合いから「倒してある木、持っていって」との連絡で、ちょっと怠っていた薪割りをようやく始めました。今回はチェーンソーの刃を新品に交換。すると豆腐を切るようにスパスパと硬い木も切れて気持ちいい~!「ここ数年の苦労は何だったんだ・・次からはあまりセコくいつまでも砥いで使ってないで早めに刃を換えていこう・・」。そして今までは木を倒して集めるだけで力尽き、割るのは秋だったけど今回は無理せず少ない量を切ってきてすぐに割ってみました。たぶんオニグルミ?の木だと思うけど気持ちよくパカッと割れます。薪となる木が豊富にある場合、「いかに労力を使わないか=なるべく割らなくてもストーブに入る太さの木を薪にするか」というのもポイントです。しかしちょっと作業に入る日が遅かったのと25℃と暑かったのでしつこいブヨがワッサワサ・・長袖を着て虫除けを塗りまくり滴る汗を拭いながらの作業。これも田舎ならではの洗礼。土地が広く建物も大きいので日曜大工や庭の片付け、あちこちのメンテナンス、修理、薪割り、草刈りとやらなきゃならないことが目白押し。でも釣りも行きたい、山も登りたい、バイクにも乗りたい、旅に出たいとホントセワしないのでした。女将いわく「よくそんなに動くね・・」・・

いつものことですが・・

4月下旬からGWにかけて一回ぐらい雪が積もります。それが今日。ドサドサという湿った雪が屋根から落ちる音で目がさめました。情報では解けかかった流氷が最後にちょっとだけ北風で接岸したとか。こんな雪も一日でほとんど解けますが、最高気温も15℃になったり、3℃だったりと極端なのでGWに来られる方は念のために暖かい服装でお越しくださいね。そしてこんな日がデスクワークです。

 

だんだん身近に

春の休館中にやらねばならないこと・・宿のメンテナンス、改装、作り込み等の大工仕事、薪割り、web更新、ガイド関係の事務仕事、新事業・?の立ち上げ、そして地元の会議や観光関係の会議、打ち合わせが連続。特に北海道は夏のシーズン前と冬のシーズン前に会議が集中、意外と忙しいのです。北海道へ移住し宿を開業したころにはもうスーツなんて子供の入学式と卒業式と礼服以外は着ることないな、と思っていたけど、たまに偉い方々に呼ばれたり、人前で話すときはTPO的に着ざるをえません。もうちょっと若く、著名な実業家ならザッカーバーグのようにTシャツ、ジーパンでどこでも出られるのですが・・・そうか・ひらめきました!自分のオリジナルの服装ならそれが正装で、宣伝のために着ているんだといえるのでは!?作ろうかな・・

一気に雪解け

「北海道って四季のメリハリが凄いよね」なんてガイド仲間と話していますが、雪解けの進みが特に顕著で3日前には畑の半分ぐらいが雪で覆われていたのにもう日陰の吹き溜まったところしか残っていません。気温も20℃ほどに上がって室内では半袖です。今年は北海道に移住希望の方のためのアドバイスをする事業を立ち上げるのでゆっくりする時間が減りそうですが、遊びの時間は削りません!北海道ライフの情報発信基地としてさらに充実させていきますので、よろしくお願いいたします。

暖か~い恐怖

今年も来ました、真冬の暖気。気温は5℃。南風が雨と共に吹き荒れて雪は急速に解け、硬かった圧雪路もザックザク。車のハンドルはとられ路肩に落ちそうになったり、ハマって動けなくなったり(北海道弁だと「あずる」)道路は水浸し。そしてこれからが再びカキ~ンと冷えこんでカッチカチ、ツルツルに・・・明日が恐ろしい・・

スタックの原因

北海道弁で「あずる」一般的にはハマる、乗り上げて脱出困難になる厄介な道路状況がこの吹き溜まり。風が強いと除雪車が雪をどけてもホンの1~2時間でたちまちこのように道路をふさぎます。そしてこれに突っ込み乗り上げてしまうと亀状態になり動けなくなるのです。幸いこのときは一番右側を通ってタイヤが2回転で1回転分進むぐらいで走り切りましたが、今まで何度も途中でお手上げになり、車の車軸が壊れたりスコップで掘って掘って脱出して経験を積んだものです。さて明日は朝から除雪です。