初物

羅臼の流氷を見に行った帰り、川の下流でちょっとルアーを投げてみました。しかし寒い!風は無くても氷点下3℃。数回キャストするとたちまちラインとガイドが凍りつきます。

数回投げると、45センチほどのアメマスが釣れました。このアメマスは時期的に少し痩せていて、アタリも小さく、釣られても「なんだよ~」という落ち着いた顔をしていました。でも今年の初トラウト。昨年の台風の影響が心配ですが、幸先の良いスタートがきれました。

 

羅臼の流氷

根室海峡(野付水道ともいいます)にかなり流氷が流れ込んでいるという情報で羅臼方面へ行ってきました。根北峠から標津に下りる直線道路の逃げ水の先が流氷でビッシリ!これほど南下しているのを見たのは初めてです。

オオワシ、流氷、国後島。羅臼の流氷はウトロ側とはかなり違い、沖合の流氷が知床半島の南側に流れ込むので、氷がキレイで雪があまり積もっていないので角張っていてシャープな感じ。開氷面もあるのでコントラストもいい感じです。

羅臼町の展望台からの眺め。絶景です。

夕方、標津付近からの雲に浮かぶ知床連山。いつも見ているのと反対側からなので山も裏側。でも羅臼岳はどこから見ても羅臼岳。目印になる山というのも親しみやすいいい山です。

晴天の風景

今年は大荒れになる日がほとんどなく穏やかな日が続いています。今日もあまりにも気持ちのいい快晴なので、どこか景色のいいところに行こう、と思ったけど、ここが一番いいじゃん、と我に返っていつものところから写真撮影。ただカメラのオートモードでシャッターを押すだけですが、宿WebのTOPページに出せる写真が撮れました。宿から見える流氷も行ったり来たり。さて今日はこれからラジオ深夜便の最終回。卒業の安堵感もあり、ちょっと寂しくもあります。2年間の出演でしたが、NHKのラジオで喋る緊張感はとても勉強もなりました。

ここも絶景

連日、絶景の中にいると夢の中にいることが当たり前のような感覚になっていきます。連日ツアーの最後は標高1000㍍の藻琴山へ。

雪のない時期はハイマツのトンネルで展望のないここも冬はこれです!

屈斜路湖、阿寒の山々、知床、流氷のオホーツク海。出来過ぎてるなぁ~

北海道の冬山。開放感の中、緊張感も忘れてはいけない・・

ようやく湖の水が冷えて全面結氷した屈斜路湖。釣りができるのはいつからだろう・・

手軽、とはいえ、そこは山。ちょっと大変、それなのに最高の充実感。

もうちょっとで再接岸なんだけどなぁ~

大斜面を一気降り。ちょっと緊張、かなりの開放。

日焼けに春を感じる冬のスノーシューツアーもそろそろ終盤。

知床の森へ

曇天、今日は流氷と森と動物へ。ちょっと贅沢すぎるほど多様に楽しめる東オホーツク。

オオワシたちは少なくなってきた流氷の上で食べ物を探します。

象の鼻からの眺めは毎回違う表情。

まったりと松の木の下で。

この日のハイライトはクマゲラ。重厚感のあるコンコン音。びっくりしたような目。会えて良かった。さすが知床。

 

清里の山を歩く

スノーシューさえあれば登山道が無い山でも「あそこに登ってみよう!」ができます。快晴の中、地元のエトンビ山へ。

ひたすら登ります。3時間登ります。誰もいません、ラッセル、キツイです。

途中、立ち枯れしたトド松が月日を感じさせ、

サルオガゼが空気の透明度を表します。

もうすぐ稜線。

視界が急に開けます。辛い登りが報われる瞬間。

オホーツク海、知床、斜里岳他パノラマの展望。

山頂から屈斜路湖を望む。

オオワシ

網走の沖にはまだ真っ白な流氷帯が広がっていました。戻って来ないかな・・

ひたすら登りの山は下りは一気降り。半分の時間で降りられます。

清里ストレートロードを下って出発点へ。充実感、風景とも最高でした。

 

北海道を歩く

こんな牧場の真ん中を歩かせていただき感謝感激です。モアン山コース。

ちょっとした急な下りもあります。ビビる顔を見ているのもちょっと意地悪だけど面白い!

都会ではありえない、しかし子供の頃は怖いけど挑戦!ってありましたよね~。

青空に向かいどこまで登るのか・・

北根室ランチウェイの看板と木製の柵。景観に溶け込み、主張せずしかしわかりやすい素晴らしいものです。

目指すべき山。登って下って。

雄大、青空、大地。根釧原野と摩周、阿寒の山々を望む。

 

 

 

 

裏の旧へ

今年初の裏摩周展望台へ。最初はよく晴れていました・・ひたすら歩いて・・

裏摩周展望台でまず湖面を眺め、旧裏摩周へ。

何度も「うゎっ!!」と声を上げて落ちた踏み抜き。どうやら何ヶ所も暖気の出ている場所があるようで、さすが火山。噴気のごくごく小規模なもののようで手を入れてみると暖かです。もしかしてヒグマの冬眠穴を踏み抜いたか!?と最初は青くなりましたが・・

旧裏摩周展望台。展望はほとんどききません・・・30年前に最初に来た懐かしい場所。

廃道となった道にはクラクション鳴らせ、や、駐車帯、カーブなどの看板だけが森に戻りつつある旧道路に残っていました。こういう看板を探すのも北海道の楽しみでしょう。

 

最後のワカサギ釣りは絶景の中で

雄阿寒岳、雌阿寒岳を見つつ阿寒湖のワカサギ釣りへ。実はワカサギ釣りをここでするのは初めてです。

硫黄山川河口。氷点下12℃でも快晴で暖か。雪も少なく快適。水はクリアー。15年ほど前、いつもここでカヌーと釣りのガイドをしていたことを感慨深く想い出しました。

テントの窓を開けると噴煙を上げる雌阿寒岳。釣果は・・M名人と2人でも100匹ほどと貧果でした・・狙っていたトラウトも釣れず・・まあ最高の環境なので今シーズン最後のワカサギ釣りは良しとしましょう。

 

こんな遊びも

この日は近い将来、自然体験と農業体験のツアーを町ぐるみでやるため、お世話になる予定の旅行会社の方々をご案内。まずは定番の神の子池スノーシューツアーを急ぎ足で歩きました。この時期にしては珍しく氷点下15℃ほどに冷えこんだのでしぶき氷の造形物もあちこちで見事です。

私のツアーはちょっとの冒険もあります!枝を掛けただけの一本橋をプルプルしながら渡りました。

昼食はtokotokoさんのランチBOX。これはヘルシーで見た目も味もナショナルレベル。どこで食べたかというと!!

畑のど真ん中!大きな青空、斜里岳。極上の野外レストラン。日差しは強く風は弱く寒さも感じません。

再びスノーシューを履き、町営牧場の一本の白樺へ。

皆で駆け下ります!自然に出るバンザイ!

駆け下りた先の森で出会ったエゾフクロウ。皆、じっと観察。(昼寝中おじゃましました)こちらはあまり観察されず。フクロウは幸せを感じさせる癒やしの鳥。ラッキーでした。これからの清里町、ご注目ください!